接骨院の開業に必要な資格とは?柔道整復師免許以外に必要な要件を解説!

柔整開業.comです。接骨院を開業するためのステップの一つとして、「資格」を取得する必要があります。今回はその接骨院開業に必要な資格や、柔道整復師免許以外に必要な要件について紹介していきます。

 

接骨院・整骨院の開業に必要な3つの資格とは?

接骨院・整骨院を開業するには「柔道整復師の資格」、「柔道整復師としての実務経験」、「施術管理者研修の受講」の3つの資格が必要になります。施術所として営業をするのでしたら、柔道整復師免許のみでも可能なのですが受領委任を通じて健康保険を取り扱うことが目的の場合は「施術管理者」という要件をクリアする必要があります。「柔道整復師としての実務経験」・「施術管理者研修の受講」はその「施術管理者」を満たす条件になっています。

 

柔道整復師の資格を取るには

この資格は国家資格の一つに指定されており、文部科学省指定の4年制大学か、都道府県知事指定の専門養成施設で三年以上学び、そのあとに柔道整復師試験に合格するという過程を経て資格を取得することができます。試験では基礎的な医療知識から解剖学などの幅広い教養が求められるように設定されています。

 

接骨院の開業に必要な実務経験の期間

「施術管理者」の条件をクリアするための実務経験の期間は受領委任の届け出をするタイミングによって

・2022年4月から2024年3月までに届出する場合 2年間
・2024年4月以降に届出する場合 3年間の実務経験

と、期間が異なります。

 

柔道整復師の実務経験期間を証明するには

柔道整復師の実務期間を証明するには、次の条件を全て満たす必要があります。

・別紙様式1の実務期間証明書に実務経験の期間証明を明記すること
・実務経験期間証明書は柔道整復師が実際に勤務した登録施術所の管理者か、開設者か、施術管理者による証明とすること
・地方厚生(支)局において登録された状態で勤務していた柔道整復師の情報は、登録施術所での実務経験の期間を確認するために利用すること

引用:https://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken13/dl/171227-02.pdf

 

施術管理者研修とは?

 

この研修は厚生労働省の登録を得た公益財団法人、柔道整復研修試験財団によって運営されています。この研修では施術管理者として質の高い施術を行えるようになるだけでなく、正確な保険請求ができるようになる知識を培うことを目的としており、16時間以上かつ2日間程度の期間の受講が必要になります。受講するタイミングは実務経験を完全に満たす前でも問題ありません。研修を受講し終えて2週間すると、(公財)柔道整復研修試験財団から施術管理者研修修了証が交付されます。受講者の優先順位は以下の通りです。

 

①施術管理者研修導入時の特例対象者として、研修修了証の写しを後日提出する旨

の確約書を地方厚生(支)局へ提出し、受領委任の取扱いの登録または承諾をさ

れている方

 ②施術所において受領委任の取扱いはまだ行っていないが、既に保健所に施術所開

設届を提出している(例 施術管理者が自己都合で退職したために施術管理者が

必要となった)。

 ③既に開業準備を行っている方

 ④それ以外の方

引用:https://www.zaijusei.com/doc/20200117_sejutukanri_qa.pdf

 

受講を申し込むためには事前に申し込む必要があるため、公式サイトで確認をしましょう。

 

 

資格を揃えたら事業計画書の作成を!

資格を取り、条件を満たしたら、いよいよ開業に向けて事業計画書を作成しましょう。接骨院として独自の強みやコンセプトを伝えることで、融資が通りやすくなる傾向があるので、事業計画書では以下の8項目を通してコンセプトを伝えることが重要です。

 

①創業の動機

②経営者の略歴等

③取扱商品・サービス

④取引先・取引関係等

⑤従業員

⑥お借入の状況

⑦必要な資金と調達方法

⑧事業の見通し(月平均)

 

もちろんコンセプトだけでなく、収益の計算は明確かつ根拠あるものである必要があります。売上の根拠がしっかりと記載されていることで事業計画書の信頼度はより高くすることができますので、計算式を用いて収益の見通しをきちんと伝えるようにすると良いでしょう。

 

まとめ

以上が接骨院の開業に必要な資格・条件などの解説になります。接骨院を開業するためには、いくつもの過程を得る必要がありますが、私たち柔整開業.comは理想の整骨院を実現するために、開業までの様々な作業をサポートします。無料相談も受付ておりますので、整骨院・接骨院の開業や分院出店に関して不安・お悩みをお持ちであれば、ぜひお気軽にご相談ください。

コラム一覧に戻る