接骨院・整骨院が潰れる5つの理由とは?潰れない経営のコツも解説

整骨院が潰れる理由には、どのようなものがあるのでしょうか?成功する整骨院と失敗する整骨院、その違いは一体何なのでしょう。

この記事では、多くの整骨院経営者が直面する問題点と、それを乗り越えるための具体的なコツを深掘りします。

接骨院・整骨院が潰れる理由とは

接骨院・整骨院が潰れる理由について解説していきます。

競争が激化しているため

整骨院・接骨院業界では、柔道整復師の数が増加し、施術所が急速に増えています。この現象は、顧客獲得の競争を激化させ、一つ一つの施術所の収益を圧迫しています。

特に都市部では、この競争はより顕著で、多くの施術所が厳しい状況に直面しているのです。

経営の知識がないため

整骨院や接骨院の経営者は、施術の技術に関しては熟知していることが多いですが、経営知識が不足している場合があります。

経営に必要な知識を学ばずに開業すると、無駄な経費がかさむことや利益を上手く生み出せないことが原因で経営が難しくなることがあります。開業前の準備として経営知識を身につけることは、成功への重要なステップです。

立地条件・周辺状況が悪いため

整骨院や接骨院の成功には、立地が大きな影響を与えます。

例えば、駅から遠い、車のアクセスが困難、店舗の目立たない位置などの立地条件は、顧客獲得を困難にします。また、近隣に同業者が多数存在することも、競争が激化し経営に影響を与えます。特に都市部では、施術所の密集により、この問題はより深刻です。

療養費が減少しているため

療養費の適正化に関する議論が活発化しています。不正請求などの問題が発生していることが、療養費の削減につながっています。

この結果、柔道整復師の主要な収入源である療養費が減少し、多くの整骨院や接骨院が経営難に陥り、廃業に追い込まれるケースが増えているのです。

資金調達が難化しているため

整骨院や接骨院の開業には、設備投資や運転資金など、初期段階で大きな資金が必要です。しかし、これらの資金調達が難しくなっている現状があります。

資金繰りが困難になると、経営が継続できず、結果として多くの施設が閉院に追い込まれてしまうのです。

接骨院・整骨院が潰れない経営の7つのコツ

接骨院・整骨院が潰れない経営のコツについて解説していきます。

収入と支出を把握する

成功する接骨院・整骨院経営の鍵は、経営状況の継続的な把握にあります。

収入と支出の正確な管理を怠ると、財務のバランスが崩れ、経営が危うくなる可能性があります。家計簿と同様に、整骨院・接骨院のキャッシュフローを明確にすることで、支出を最小限に抑えつつ、しっかりと利益を上げる経営を目指しましょう。

他院との差別化を図る

患者様は、特定の症状に対する専門的なアプローチを求めています。他の整骨院や接骨院とは異なるユニークなサービスや治療法を提供することで、患者様に魅力を感じてもらい、足を運んでもらえるようになります。

単に地理的な近さだけでなく、特別な価値を提供することが、利益を生み出す重要な要素です。

広告などで集客を行う

集客は整骨院・接骨院経営において不可欠な要素です。

効果的な広告戦略を採用することで、潜在的な患者様に院の存在を知らせ、新しい顧客を引き付けることができます。これには、オンライン広告やローカルメディアの活用など、様々な方法があります。ターゲットとなる顧客層を意識した広告キャンペーンを展開することで、より多くの患者様を院に呼び込むことが可能になります。

顧客管理を徹底する

接骨院・整骨院の成功の秘訣の一つは、顧客管理の徹底です。

患者さん一人ひとりの治療履歴や好み、ニーズを正確に把握し、個別化されたケアを提供することが大切です。顧客データベースを活用し、患者さんに合ったアプローチを行うことで、満足度を高め、信頼関係を築くことができます。これは、患者さんの継続的な通院と口コミによる新規顧客獲得につながります。

時間当たりの単価を意識する

経営効率を高めるには、時間当たりの単価を意識することが重要です。

施術にかかる時間とその対価をバランス良く設定し、収益性を最大化させましょう。時間効率を高めるためには、施術プロセスの見直しや、予約システムの最適化などが効果的です。時間を有効に使い、質の高いサービスを提供することで、患者さんの満足度も向上します。

リピート率を高める

リピート率の向上は、持続可能な経営の鍵です。

患者さんに繰り返し来院してもらうためには、施術の質の高さはもちろん、接客や院の雰囲気作りも重要です。患者さんのニーズに対応した施術プランを提案し、信頼関係を築くことが大切。また、定期的なフォローアップや特別なプロモーションを実施することで、リピート率を高める努力をしましょう。

移転する

場合によっては、接骨院・整骨院の移転が経営の改善につながることがあります。

立地は集客に大きな影響を与えますので、アクセスが良く、患者さんが通いやすい場所への移転を検討するのも一つの方法です。移転には費用がかかりますが、長期的な視点で見たとき、より多くの患者さんを獲得し、経営の安定につながる可能性があります。移転を考える際には、現在の顧客基盤や潜在的な市場を慎重に分析することが重要です。

潰れない接骨院・整骨院の開業の3つのコツ

潰れない接骨院・整骨院の開業のコツについて解説していきます。

立地を慎重に決める

接骨院・整骨院を成功させるには、適切な立地選びが非常に重要です。

良い立地とは、患者さんがアクセスしやすく、目に付きやすい場所を意味します。駅から近い、車でのアクセスが容易、見つけやすい立地は、新規顧客の獲得に大きく寄与します。また、周辺に同業他社が少ないことも重要な要素です。立地選びは、将来の集客力に直結するため、慎重な検討が必要です。

競合調査を実施する

開業前の競合調査は、事業計画を練る上で欠かせないステップです。

近隣の接骨院・整骨院について、どのようなサービスを提供しているか、価格設定はどうなっているか、顧客層はどのようなものかを把握することが大切です。この情報は、自院のポジショニングやサービスの差別化を考える際の重要な基準となります。競合の強みと弱みを理解し、それを自院の戦略に活かしましょう。

コンセプトを設定する

開業する接骨院・整骨院に明確なコンセプトを持つことは、差別化の鍵です。

コンセプトは、治療方針、ターゲット顧客、院の雰囲気など多岐にわたります。例えば、スポーツ選手を専門にする、高齢者のケアに特化する、リラックスできる空間を提供するなど、特色を持つことで、特定の患者層の心を捉えます。コンセプトを明確にすることで、患者さんに院の魅力を伝えやすくなります。

まとめ【潰れない院を経営するなら柔整開業.com】

接骨院・整骨院が直面する困難は多岐にわたります。立地の不利、競合の増加、経営知識の不足、資金調達の難しさなどが、その主な理由です。これらの課題に対処し、成功へ導くためには専門的なサポートが不可欠です。

柔整開業.comは、開業を目指す方々に対し、多角的なサービスを提供しています。開業プランの策定からスケジュール管理、現場での実践的な指導、最新の市場情報や適切な物件の選定まで、あなたの開業を全面的にサポートします。さらに、不安や疑問に対する無料相談も提供し、経験豊かな専門家があなたの開業を全力で支援します。

接骨院・整骨院の開業や経営に関することなら、柔整開業.comにお任せください。

コラム一覧に戻る