整骨院開業に必要な手続きをまとめました。

整骨院開業には様々な手続きが必要です。初めての方には分からないことが多々おありだと思います。
下記に開業に必要な手続きをまとめております。

必要な手続き

開業時に必要な手続きとは? 開業までのステップでも触れてますが、必要な手続きや届出、申請を忘れたり、知らなかったりと手続きをして無い場合、 開業時から保険請求の取扱いが出来ないケースも出てきますので、改めて紹介します。 開業が決まってから出来るだけ早い段階で書類を揃えてスムーズな開業を目指しましょう。

開業一か月前には行う手続き

① 柔整師会入会申込 or 入会契約締結(柔整師会入会の場)
② レセプトシステムの導入に係わる契約(売買契約書・リース契約書(リース購入の場合))
③ 各種共済番号の取得(柔整師会で手続きの代行を行う場合でも、書類の記入は必要です)
④ 開設届け提出(保健所)・受領委任契約厚生局)
提出先及び締切日

提出先及び締切日

書類提出先 提出日(提出時期)
共済組合・国家公務員共済組合連盟毎月20日頃受理締切、翌1日付番 ※
・地方公務員共済組合協議会毎月10、20、末日締切、翌日付番 ※
防衛省・防衛省人事教育局衛生課毎月20日締切、翌月1日付番 ※
受領委任契約・厚生局開設後(保健所で受理後)提出
提出日より付番
保健所・各地域の保健所(保健センターなど)開設後、10日以内

※付番に関しては各行政の手続き状況によって遅れる場合もございますので、早めの手続きをお勧めいたします。
※地域、窓口により異なる場合があります。

届出に必要な書類

共済番号取得
・国家公務員共済組合連盟
・地方公務員共済組合協議会
・防衛省
提出書類
・申請書・柔道整復師免許(写)
開設届
・保健所(保健センターなど)
提出書類
・施術所開設届け
・柔道整復師免許証(写)(原本も持参)
・身分証明書(運転免許証等)
・施術所の平面図
・周辺地図(最寄駅またはバス停から)状況により店舗賃貸契約書(写)(施術所が賃貸の場合)
・定款、登記簿謄本(法人の場合)

※提出後、受理されると副本に受理印が押されますので、副本を厚生局へ提出します。なお副本は提出前に必ずコピーをおとり下さい。(各種申請添付書類として必要です。)

受領委任契約
・地方厚生局
提出書類
・施術所の申出書(様式第2号)・・・取扱い開始の届出
・同意書(様式第2号の2)・・・勤務柔整師の届出
・確約書(様式第1号)
・施術管理者選任証明・・・開設者と管理柔整師が別の場合
・欠格事由非該当申出書(東北・近畿)
・施術所開設届の副本
・柔道整復師免許証コピー(原本も持参)
・平面図、周辺地図
※保健所に開設届を提出した際に添付したものと同じもので結構です。

※各県の事務所により若干異なる場合がありますので、必ず事前に管轄の地方厚生局へお問い合わせください。
※届出が遅れると保険取扱いも遅れる事になります、保険取扱いを開始される前に窓口へ直接持参される事をお勧めします。

その他

・労災取扱いに関する届出・各種公費取扱い申請(生活保護、母子家庭など)