開業コストを抑えて運転資金を増やしましょう!

整骨院の開業資金の大半は物件取得コストにかかる費用です。つまりその費用が抑えられたら、開業コストはかなり圧縮できます。弊社では整骨院の居抜き物件情報を随時更新しています。
ご希望の開業エリアにぴったりの居抜き物件情報があるかもしれません。
是非ご覧ください。

整骨院の居抜き物件について

居抜き物件を探す前に…

柔整開業.comは、あくまでも居抜き物件での開業をおすすめしているわけではございません。皆様が開業する整骨院のコンセプトとマッチングする物件であれば、居抜き物件での開業を考えてもいいでしょう。ともかく迷っているならまず相談を!

居抜き物件とは?

居抜き物件とは、一般的に床・壁・天井などの内装から、カウンター、イス、治療機器まで店舗内の主要什器、備品、設備が残っている状態で、新しい借主がその設備などを引き継げる物件のことを言います。

居抜き物件のメリット

居抜き物件の最大のメリットは、店舗設計、内装工事、治療機器や設備什器の購入費などの初期投資を抑えることができ、また、内装工事期間の短縮により、早期に開店することが出来ることです。

居抜き物件のデメリット

店内のレイアウトが決まっている、構造的な制限を受ける、建物や設備の老朽化でトラブルが起こる可能性がある、前の店舗の評判やイメージを引きずる可能性があるなど、様々なケースがございます。

デメリットが如実に出た居抜き物件での開業例

1.前の店舗の評判が非常に悪かった
→軌道に乗るまで約1年かかった(その間の収支はマイナス。宣伝広告費も通常の新規開業より多くかかった。)

具体例

1.前の店舗の評判が非常に悪かった
→軌道に乗るまで約1年かかった(その間の収支はマイナス。宣伝広告費も通常の新規開業より多くかかった。)

共済組合
※事務所仕様の場合
整骨院:15坪
※保証金90万円の場合
居抜き物件
900,000円保証金900,000円
2,000,000円内・外装工事300,000円
3,000,000円治療機器500,000円
300,000円デザイン・印刷物費300,000円
500,000円什器・備品0円
0円既存設備買取代金2,000,000円
※物件により異なります
6,700,000円既存設備買取代金4,000,000円

居抜き物件で初期投資を抑えられる!

その差額
2,700,000

※料金は目安であり物件や条件によって異なります
※運転賃金は除きます