接骨院の内装を決めるとき押さえたいポイントとは?内装デザインやレイアウトもご紹介します

整骨院を開業するなら、内装にもこだわりたいところ。患者さまが「また来たい」と思ってもらえるような、居心地の良い空間を作っていくことが大切です。

しかし、どのような内装が良いのか悩んでしまいますよね。そこで今回は、

  • 整骨院のデザインやレイアウトといった内装例を知りたい
  • 内装を考えるときのポイントを知りたい
  • 内装工事を行ってくれる業者さんについても知りたい

という方に向けて、解説していきます。記事の後半では私たち柔整開業.comが提供している開業へ向けたサポート内容も紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

1.構造設備基準について

整骨院を開業する際に注意したいのが、「構造設備基準」です。

この「構造設備基準」とは、保健所が定めている構造設備の基準のこと。この基準を満たしていないと、次のステップには進めません。細かな基準は整骨院を開業する都道府県や保健所によって異なるため、事前に管轄の保健所ホームページなどで確認しておくと良いでしょう。

【構造設備基準の一例】(T都N区)
① 6.6㎡以上の専用の施術室を有すること。
② 3.3㎡以上の待合室を有すること。
③ 施術室は室面積の1/7以上に相当する部分を外気に開放できること。ただし、これに代わるべき適当な換気装置があるときはこの限りでない。
④ 施術に用いる器具、手指等の消毒設備を有すること。
※ はりを業とする場合には、オートクレーブ・乾熱滅菌器等を設置すること。ただし、使い捨てのはりを使用する場合には、使用済みのはりの保管および廃棄を安全な方法で行うこと。
⑤施術室は、住居・店舗等と構造上独立していること(出入口を別に設ける等明確に区画すること)。(指導基準)
⑤ 施術室と待合室の区画は、固定壁で上下左右完全に仕切られていること。(指導基準)
⑦ベッドを2台以上設置する場合には、各々カーテン等で仕切り、患者のプライバシーに配慮すること。(指導基準)

こちらが、実際にT都N区で定めている構造設備基準の指導事項の一例です。先述した通り、基準は都道府県や管轄の保健所によって変わってくるので、事前チェックは欠かさないようにしましょう。

内装工事前に将来的な経営計画を!

内装工事と切っても切れない構造設備基準。近年では、柔道整復師だけでなく鍼灸など複数の免許を取得して、施術をしている方も多くいらっしゃいます。

施術者が1名で柔整と鍼灸施術を行う場合は、一室で兼務する形でも認められていますが、施術者を新たに増員した場合は、それぞれの部屋を分けなくてはなりません。

「1人で施術を続ける予定で内装工事していたが、経営が順調になり新たに施術者を雇った」といった場合、基準を満たしていないと大幅な改修工事をしなくてはいけない可能性も。そうなると、工事の時間がかかってしまうほか費用も高くついてしまうケースもあるため、複数施術を行っていて将来的に人員拡大をする可能性がある場合は、設計段階から工夫しておくことをおすすめします。

 

2.患者様視点の内装

患者さまに「また来たい」「いい整骨院だった」と思っていただくためには、居心地の良く清潔感のある内装デザインやレイアウトが重要です。
例えば、院内外の内装カラーや外装カラーは印象を左右する大きなポイントです。周囲環境との調和や、メインとなるターゲット層によっても選択は変わってくると思いますが、カラー別の印象などを紹介していきますのでコンセプト作りの参考にしてみてください。

おすすめの内装デザイン1:ブルー

特に人気のあるブルーは、爽やかで清潔感のある印象を与えてくれます。制服やカーテン、シーツのカラーに取り入れるケースが代表的。

おすすめの内装デザイン2:グリーン

グリーンは安らぎや癒し、穏やかといった印象を与えるカラー。リラックスできる空間づくりに向いているでしょう。内装カラーだけではなく、観葉植物を取り入れるのもおすすめ。

おすすめの内装デザイン3:ホワイト

ホワイトカラーは、清潔な印象を与えてくれるほか、空間を広く感じさせる効果も。他のカラーと組み合わせやすいのも特徴です。制服やシーツはもちろんのこと、収納ケースなど小物類を白で統一すると、まとまりが出るでしょう。

壁をホワイト系のカラーにすることで、空間を広く見せる効果が期待できます。一方で汚れが目立ちやすいカラーでもあるので、注意しましょう。

おすすめの内装デザイン4:ピンク

温かく優しい印象を与えてくれるピンクは、柔和なイメージにぴったり。メインターゲット層が女性の場合、より効果を発揮してくれるでしょう。内装に取り入れる場合は、壁紙をはじめ、シーツやタオル、スリッパなどがおすすめ。

女性がメインターゲットの場合、待合室に「キッズスペースを設ける」「ファッション誌を置く」なども効果的です。

おすすめの内装デザイン:木目調

最近は、ナチュラルな印象の整骨院も人気です。特にメインターゲットが女性の場合は、内装や雰囲気を重視する傾向にあります。

そのため、リラックスできて清潔感のあるナチュラルテイストの内装デザインがマッチするでしょう。床材を木目調にすると、一気にナチュラルな雰囲気に。間接照明を使ったり、観葉植物をおいたりすると、より効果的です。

 

3.施術者視点の内装

患者さまの視点に立った内装づくりも重要ですが、施術者視点で「働きやすい」「効率が良い」施術所にしていかなくてはいけません。そのためには動線を確保し、機材の配置やコンセントの位置、受付スペースや収納スペースなどについても工夫が必要です。

施術者視点の内装デザイン1:受付周り

施術室周りを中心に考えがちですが、整骨院を運営していく上で事務処理は多くの時間を有するもの。快適かつスムーズな事務処理を行うためにも、受付スペースもしっかり確保しましょう。

その上で、保険証やカルテなど個人情報が患者さまの目に触れないなど、プライバシーに配慮した形がベストです。

施術者視点の内装デザイン2:書類・備品の収納

書類や備品管理も外せないポイントです。カルテは患者さまが最後に来院されてから5年間の保存が義務付けられています。それに伴って書類の数も膨大になってしまうため、書類を管理しやすい形で収納する必要があるでしょう。

同様に、施術で使用するシーツやタオルなどの備品を管理ができる収納スペースを確保しておくのも重要です。

施術者視点の内装デザイン3:コンセント配置

整骨院にはさまざまな電子機器が並ぶため、コンセント配置も工夫が必要です。

パソコンやプリンター、電話や医療機器などが代表的ですが、必要に応じてテレビやオーディオ、ウォーターサーバーなども用意する必要も出てくるでしょう。室内清掃のためには掃除機用のコンセントも確保しておかなくてはなりません。

延長ケーブルを使えばどこにでも配線は可能ですが、電源ケーブルが張り巡らされている状態はあまり美しいとはいえません。患者さまの足がケーブルに引っかかる危険性を考えると、モールを這わせる必要も出てきます。

そのため、各種機器の設置場所はコンセントの近くが理想的です。室内に設置されたコンセントの位置を考慮し、適切な配置を考えましょう。

施術者視点の内装デザイン4:院内の段差

居抜き物件をそのまま整骨院として使用する場合などは、段差の位置について気をつける必要があります。段差は高さが違うだけで、自由に使える面積が大幅に減ってしまいます。

特にベッドなどの大型家具や器具を設置する際に邪魔になり、デッドスペースが生まれる原因になりかねません。

また、患者さまにとっても段差は好ましいものではありません。腰痛をはじめとする体の痛みを抱える方にとっては、段差の上り下りは負担になってしまいます。患者さまの動線上には段差がない「バリアフリー」を意識しましょう。

 

4.居抜き物件も検討しよう

居抜き物件とは、一般的に床・壁・天井などの内装から、カウンター、イス、治療機器まで店舗内の主要什器や備品・設備が残っている状態で引き継げる物件のこと。

居抜き物件は、はじめから必要な機器や内装がそろっているので、初期費用(開業コスト)を抑えられる点が大きなメリットです。さらに、内装工事期間が短縮できるため開店までがスムーズなのも魅力です。

居抜き物件で内装や外装(看板など)をそのまま使用する場合は、保証金だけで済みます。少し手直しをするとしても、100万円程度で収まるのが居抜き物件の魅力です。一方、内装や外装をすべて変えるとなると、安く見積もっても600~700万円ほどかかります。なるべく初期費用を抑えたい方にとっては、居抜き物件がおすすめです。

興味のある方は、居抜き物件について詳しく紹介している以下のページをご覧ください。

また、柔整開業.comでは実際に全国各地にある居抜き物件のご紹介も行っています。気になる方は、ぜひこちらのページをご覧ください。もちろん、お問い合わせもお待ちしております。

 

5.柔整開業.comができるサポート

整骨院の成功は物件で決まるといっても過言ではありません。物件選びや改修がとても重要なのです。

居抜き物件にするのか、新規物件を一から作り込んでいくのかは、開業場所や手持ちの資金によっても変わってきます。しかしどのような選択がベストか悩んでしまうこともあるでしょう。

柔整開業.comが行っている開業支援サービスは、居抜き物件にするべきか、したとしても内装を自分で整えるかなども含めて、細やかなサポートを実施しています。弊社にしか入ってこない整骨院向きの物件情報の提供や、開業希望エリアの居抜き物件情報が優先的に手に入るほか、物件への内覧同行も行っています。整骨院開業のプロの目線で、ご希望に沿った立地を見極めます。

また、柔整開業.comが元請けとなって内装工事を受注して接骨院の内装工事に長けた提携業者を紹介できます。それにより、安心して任せられるほか、金額を抑えることも可能です。なぜ金額を抑えられるのかというと、発注量が多く月3~5件ほどの実績があるから。

こちらは、実際に柔整開業.comが内装工事を受注した接骨院様のお写真です。

A鍼灸整骨院様
Before → After

    

B整骨院様
Before → After

  

たくさんの接骨院様の内装のお手伝いをさせていただいた柔整開業.comだからこそ、内装デザインに関わるノウハウをお伝えすることが可能です。

さらに、関係法規を熟知した社内デザイナーがいるので、看板についての依頼も可能です。内装に関するノウハウも豊富なので、皆様の疑問や不安にも親身に相談に乗らせていただきます。

 

6.まとめ

整骨院開業で最も重要とされる内装工事やデザインについてご紹介しました。初めての開業はわからないことが多く、どのように進めるべきか不安に感じる方も多いでしょう。

弊社が行っている整骨院開業支援サービスは、整骨院専門の独立支援サービス。開業立ち上げのコンサルパックがあるので、内装や物件に関するご相談・サポートはもちろん、保険請求代行、資金調達の手伝い、治療機器の販売なども行っています。

こういったご相談やご依頼は、本来はバラバラの業者に依頼する必要があります。柔整開業.comなら一括で行えるため、手間や時間もかかりません。

詳しい支援サービス内容は以下の記事をご覧ください。

柔整開業.comの開業支援サービスで、簡単・スムーズに開業準備を進めてみませんか?

無料で開業相談やメルマガ配信、開業セミナーを開催しているので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。また、実際に弊社のサポートを受けて開業した方の体験記もありますので、合わせてご確認いただけますと幸いです。

少しでも興味を持った方は、こちらのページよりぜひお気軽にお問い合わせくださいね。柔整開業.comは皆様のご成功を心よりお祈りしております。

コラム一覧に戻る